プロ棋士訪問授業




4年複式の子ども達を対象にプロ棋士訪問授業が行われました。
中村桃子女流プロ 高野秀行六段のお二人をお迎えして,将棋の魅力についてお話ししていただきました。

将棋の歴史について、将棋の礼儀作法、お二人が将棋を始めたきっかけなど実演を交えながら教えてもらいました。お二人が向かい合い将棋の駒を並べる作法を披露したときには会場にピンとした空気がはりつめ、子ども達も真剣な表情でその様子を見ていました。

授業の最後には、夢に向かって努力する大切さをお話ししてくれました。
「今日の自分より、明日の自分が少しでも強くなるように。そう思って毎日将棋に励んでいます。」
その言葉からはプロとしての心の強さを感じました。