3年 じしゃくにつけよう

前回、極のわからないゴム磁石の極を、他の磁石や方位磁針を使ったり、水に浮かべて自由に動けるようにしたりして調べました。

今日はそのゴム磁石を切ると、極はどうなるかを調べました。

以下のような予想が出ました。



「N極だけの磁石、S極だけの磁石になると思う。」
「切り口は極がなくなる。」
「切ってもN極の反対はS極になるし、S極の反対はN極になる」
などの意見が出ました。

考えが出揃ったところで、実験です。「早く切りたい!」という声があちらこちらで聞こえていました。


方位磁針やほかの磁石で極を調べている時には
「え~?思ったのと違う!」
「不思議だ~!」
といったつぶやきが聞こえました。予想の段階では、N極磁石、S極磁石になるという考えが半数を占めていたので、自分の考えと異なっていたという驚きがつぶやきとなったのでしょう。

・磁石は切っても磁石である。
・N極の反対は必ずS極になり、S極の反対は必ずN極になる。
とまとめたところで、「先生、もっと切っていいですか」との声が。実験させてみると・・・


細かく切ったり・・・


薄切りにしたり・・・

どんな切り方をしても、必ずN極とS極があることを体験して授業を終えました。