6年 英語 What time is it in ~?

 世界の時刻をたずねる言い方を学習しました。
 What time is it in ~? の表現を使って、世界各地の時刻を聞きます。
 金沢は今10時。じゃあニューヨークは?ロンドンは?リオは?ローマは?時差を考え、時刻を予想しました。世界中の都市から時刻を聞きたいところを探し、What time is it in ~?でたずねます。
 今回、この質問に答えてくれるのは「iPad」です。Siri機能使って、英語で話しかけます。



 ところが、これがなかなか難しい!
 Siriは正しい英語の発音でないと答えてくれません。
 1時間目は、難しい都市の名前が言えず、ほとんどのグループが時刻を調べることができませんでした。そこで、2時間目は「発音の練習をしっかりしてから言おう」「スピードにも気をつけよう」「正しいアクセントで言おう」と発音を改善し、リトライしました。
 すると、「先生!できました!!!」の声がたくさん。全グループがSiriに答えてもらうことができました。

 Siriに答えてもらえると、子どもたちはとっても嬉しそうでした。
 ふりかえりでは、「Siriに英語を聞き取ってもらうことが難しかった。なので、もっと発音をよくしたい。」「今日は、この前よりも難しいアテネに挑戦しました。はじめの方は全然聞き取れなかったけど、最後のほうはちゃんと答えてくれたのでとてもうれしかったです。」と、英語の音に関する意識が高まったことがうかがえます。
 また、「世界の時差がよくわかった。」「AMばかりで、日本は時間が早いんだと思った。」という時差についての気付きをふりかえっている児童もいました。
 なかなかハードルの高いSiriチャレンジでしたが、さすがは6年生!より英語らしい発音に気付くきっかけとなりました。