卒業から思うこと

吉川 一義

 3月14日、保護者の皆様、来賓各位のご臨席を賜り、本校の第67回卒業証書授与式を執り行うことができました。112名の卒業生が立派に巣立ってくれました。
 普段は、一人一人とじっくり接することもままなりませんので、卒業証書を手渡す時が、どの子にも接することのできる楽しみな時間でした。一人あたりの時間は僅かです。しかし、子らの表情や仕草から一人一人の生活史に思いを馳せ、これからも、すべてを生かし、生かされ、喜び、感謝する人生が、あなたのものになりますようにと祈る気持ちをも併せて手渡しました。
 この時期は、他校の卒業式に出席させていただく機会も多いのですが、改めて時代の移り変わりを感じます。式辞や祝辞では、「世のため、人のために自分がどうあるべきか」を問う内容が多くなったように思います。
 今日の少子高齢化に伴う労働生産人口の減少は、少ない働き手で多くの高齢者を支えることを必要とします。また、グローバル社会では、国際競争力が求められ、現在、我が国に山積する諸課題への対応が、次世代を担う若者に「期待」されています。数年前、このような役割期待が若者(大学生)に求められるようになりました。その対応には、“スピード感”をもった“改革”が求められます。結果、次々と新たな取組みが設定・実施されていく中、当事者である大学教員も学生も、こなすことに精一杯となり、ゆっくりと立ち止まって考えること、これを通して自分を創っていくことが難しくなりました。その後、この傾向に低年齢化が進み、「世のため・人のために」は、子ども達にまで及んできているのではないかと危惧しています。
 勿論、現実問題に発した役割期待をすべて否定するものではありませんが、これと引き換えに大切なことを失ってはいけないと思います。社会の状況が変わっても、生物学的に子どもの本質が変わったわけではありません。このような時代であるからこそ、ゆっくりと育つことを認める考えが大切と思います。
 子どもたちには、自己実現の目標をもち、実行努力しながら自分の気持ちと向き合い、折り合いをつけながらゆっくり育ち行く営みを願います。小学校の6年間で、自分をしっかりと創っていってほしいと強く願っています。
 次回(4月)は、「自分を創っていくことについて」考えたいと思います。