平成30年度 第66回 教育研究発表会のお知らせ(二次案内)

 本校は,昨年度より国立教育政策研究所の研究指定を受け,伝統文化教育に関する研究に取り組んでいます。主に各教科等での授業実践を中心に,研究をすすめてきました。1年次である昨年度は,学校保健を含む,全ての教科で伝統文化に関わる授業実践を持つことができました。今年度はさらに,実践を重ね,その内容の精選にあたると同時に,学校全体で伝統文化教育に取り組むことで育まれる資質・能力について,明らかにすることを目標としています。それぞれの教科等の学習で,伝統文化に関する内容を取り入れることと同時に,保護者や地域とも連携を図りながら,生徒の資質・能力の育成をねらいます。一人一人の生徒が,グローバル社会で生きるために必要な資質・能力を身に付けることを,最終的な目標としています。教育研究発表会では,幅広く多くの方々のご参会をいただき,今後の研究に向けて様々なご意見をいただきたく存じます。


◆期  日 平成30年11月23日(金・祝)

◆研究主題  
伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発(2年次)
―グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して―

◆公開授業教科等
 国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術,英語,学校保健

◆講 演 会
 講 師  藤 野  敦 先 生
      文部科学省 初等中等教育局教育課程課 教科調査官
      国立教育政策研究所 教育課程研究センター 教育課程調査官

※研究発表会二次案内を掲載しました。
 研究会参加申し込み方法も記載しております。下のPDFをご覧ください。


ファイルイメージ

2018年度 研究発表会2次案内


ファイルイメージ

研究発表会申し込み書


第65回教育研究発表会 ご参会の御礼

関係各位
向寒の候,皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,過日,金沢大学附属中学校で開催しました第65回教育研究発表会には,ご多忙中にも関わらずご参会いただきましてありがとうございました。先生方からいただきましたお言葉は,今後の実践における貴重な助言として参考にさせていただきます。
皆様のご健康とご発展をお祈りして,御礼のご挨拶といたします。

平成29年11月 吉日
金沢大学附属中学校
校長 折川 司


平成29年度 第65回 教育研究発表会のお知らせ(二次案内)

 本校は,今年度より伝統文化に関する教育の研究に取り組んでいます。研究主題を「伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発(一年次) ―グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して―」と設定し,すべての教科等で取り組む伝統文化教育をすすめています。過去3年間はESDに全教科等で取り組み,教科等を横断した取り組みの中で育成できる資質・能力について明らかにし,その育成に向け実践を重ねてきました。本年度はそのESDの取り組みを基盤にし,全教科等で伝統文化教育に取り組むことで育成できる資質・能力について考察し,その育成の方策について実践をもとに探ることを目的としています。
 平成29・30年度の2年間,国立教育政策研究所の伝統文化教育の研究指定を受け,研究の成果や課題について,広く発信する計画です。
 本年度の研究発表会は2年間の研究の中間発表の場となります。幅広く多くの方々のご参会をいただき,今後の研究に向けて様々なご意見をいただきたく存じます。

◆期  日 平成29年11月23日(木)
◆研究主題  
 伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発(1年次)
 ―グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して―
◆講 演 会
 講 師  藤 野  敦 先 生
      文部科学省 初等中等教育局教育課程課 教科調査官
      国立教育政策研究所 教育課程研究センター 教育課程調査官


※北陸新幹線開業の影響で,ホテルがとりにくくなっております。本校では宿泊の斡旋はいたしませんので,ご自身でお早めに手配してください。


ファイルイメージ

参加申込書


平成29年度 第65回 教育研究発表会のお知らせ(一次案内)

 本校は,今年度より伝統文化に関する教育の研究に取り組んでいます。研究主題を「伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発(一年次) ―グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して―」と設定し,すべての教科等で取り組む伝統文化教育をすすめています。過去3年間はESDに全教科等で取り組み,教科等を横断した取り組みの中で育成できる資質・能力について明らかにし,その育成に向け実践を重ねてきました。本年度はそのESDの取り組みを基盤にし,全教科等で伝統文化教育に取り組むことで育成できる資質・能力について考察し,その育成の方策について実践をもとに探ることを目的としています。
 平成29・30年度の2年間,国立教育政策研究所の伝統文化教育の研究指定を受け,研究の成果や課題について,広く発信する計画です。
 本年度の研究発表会は2年間の研究の中間発表の場となります。幅広く多くの方々のご参会をいただき,今後の研究に向けて様々なご意見をいただきたく存じます。

◆期  日 平成29年11月23日(木)
◆研究主題  
 伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発(1年次)
 ―グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して―
◆講 演 会
 講 師  藤 野  敦 先 生
      文部科学省 初等中等教育局教育課程課 教科調査官
      国立教育政策研究所 教育課程研究センター 教育課程調査官

※研究発表会の詳細につきましては,9月上旬にホームページにアップロードいたしますとともに,2次案内をお送りいたしますので,そちらをご覧ください。
※北陸新幹線開業の影響で,ホテルがとりにくくなっております。本校では宿泊の斡旋はいたしませんので,ご自身でお早めに手配してください。


ファイルイメージ

第64回教育研究発表会 ご参会の御礼

寒冷の候,皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,過日,金沢大学附属中学校で開催しました第64回教育研究発表会には,ご多忙中にも関わらずご参会いただきましてありがとうございました。先生方からいただきましたお言葉は,今後の実践における貴重な助言として参考にさせていただきます。
皆様のご健康とご発展をお祈りして,御礼のご挨拶といたします。