懇談サポート

 金沢大学附属幼稚園には、懇談サポートという育友会の係りがあります。
 昨年までは“お母さん先生”の愛称で親しまれてきたもので、担任の先生が学年懇談会でクラスを離れている間、園児が作る製作物のサポートや絵本の読み聞かせなど、補助の先生と共に園児の保育をサポートする係りです。
 保護者からは「来年はうちの子もこんなことが出来るようになるのかしら?」とか、「こんな時期もあったなぁ」など、いつもと違う視点から見る園児の姿に色々な思いを浮かべ、先生のお力になれるだけでなく、保護者の学びとしても大きな場となっているのではないかと感じられました。



園舎一斉清掃

 10月23日、園舎一斉清掃が行われました。
 園舎一斉清掃は、毎年この時期に幼稚園で行われる幼児教育研究会に向けての清掃活動で、全学年の保護者が集まり普段の掃除ではゆき届かないところまで綺麗にする、園の大掃除にあたります。
 保護者同士で子どもの話などをしながら賑やかな大掃除となりました。
 園舎の細かいところに目を配ることで、「ここのパイプ椅子が壊れていました」とか「これはもう新しくしたほうが良いのでは?」という発見もあり、子どもたちの生活の場を綺麗にするだけでなく、安全に貢献する機会にもなっていると感じました。

 研究会にいらっしゃる県内外の先生方や学生の方々に気持ちよくお過ごしいただけますことを願っております。


園芸サークル

 毎朝わたしたちが通る園のテラスに、先日から綺麗な朝顔が咲いています。
 毎年園芸サークルの方々が園のどこに何を植えるかを考えてくださっています。そのひとつがグリーンカーテンにもなる朝顔です。日よけとしてはもちろん、咲いたお花は園児たちの色水作りにも使えたらと選ばれました。
 もうひとつ今年の特徴は、園で咲いたお花を園児のお部屋に飾りましょう、との思いで花壇を増やしお花を育ててくださっていることです。ただ園舎の周りを綺麗にというだけでなく、咲いた花が何らかの形で園児のためになるように考えられているのだと知りました。
 子どもたち一人一人に、こうした親の思いが少しずつ伝わってゆくのだろうと感じます。



第一回研修講座

 6月13日、第一回研修講座が開催されました。
 研修講座とは育友会会員の皆様の学びの場であり、年に2回開催しております。
 執行部では講師にお渡しするお花の準備や会場設営、司会進行などを行いました。
 今回の講座は、本園の園医 和田歯科医院院長 和田清聡先生をお招きして「幼児期の歯の健康 ~今、大切にしてほしいこと~」をテーマにご講演いただきました。
 口腔機能の発達は全身の健康と密接な関わりがあるため、幼児期は咀嚼を学習しながら楽しく食事をすることも大切だそうです。その他、歯並びのために日々気をつけたいことなど、とても学びの多い時間になりました。



学年懇談会

 5月13日から15日にかけて、今年度の第一回学年懇談会が行われました。
 執行部や各役員からのお知らせと、養護教諭、担任の先生、園長先生からのお話がありました。
 担任の先生からは普段の園児の様子をスライドと共に伺うことができ、園での出来事をまだまだうまく話せない子どもの成長を垣間見て、保護者の表情も緩み穏やかな時間となりました。

 これまで年に5回行われてきた懇談会が今年度から3回になったことで、お話の内容も深く、子育てや保育、教育においてもとても有意義な懇談会でした。