教育方針

教育方針


本校は特殊性と児童の実態に即し、変化する社会を生き抜く力と、豊かな社会の形成者としての資質の基礎を育成する。


  • 豊かな人間性を醸成する
  • 自ら学ぶ生涯学習の基盤をつくる
  • たくましく生きる心や体を育てる

本校の性格と任務


本校は国立大学法人法によって設置された学校であり、公立学校と同様に教育基本法及び学校教育法に則り、児童の心身の発達に応じた初等普通教育を実施する。


教育の研修・実践校として


金沢大学人間社会学域学校教育学類及び附属幼稚園・中学校・高等学校・特別支援学校と協力して教育の理論と実際に関する研究並びに実証を行い、教育の現場に必要とする情報を提供する。また、教育現場の諸課題に取り組み、教育研究を通して地方教育の進展に資する。

教育実習の運営・指導の場として

金沢大学人間社会学域学校教育学類学生の教育実習施校として計画・運営及び、実習生の直接指導に当たる。


努力目標


進んで学ぶ子ども


他に頼らず自ら遊んで学ぼうとする主体的な学習態度を育てる。
思考や発言に鋭さがあり、落ち着きと集中力のある児童を育成する。

やりとおす子ども

学習・生活の両面にわたり実務的で行動的な児童、最後までやり通す粘り強さを持ち、責任感と強い意志を持つ児童を育成する。

みんなのことを考える子ども

自己本位から脱却させ、みんなのため、みんなとおもに生活する態度を育てる。また、集団の一員として節度ある行動をすることで学校や社会(集団)の発展につくす児童を育成する。