令和2年度 第68回教育研究発表会のお知らせ(1次案内)

研究主題
Society5.0を主体的に生きるための資質・能力の育成(1年次)
- STEAM教育を踏まえた教科等横断的プロジェクトの作成を目指して -

 本校は,これまで国立教育政策研究所の指定を受け,平成26~28年度はESDに関する研究,平成29~令和元年度は伝統文化教育に関する研究を行ってきました。これらの研究は,生徒がこれから歩んでいくと考えられる社会において,必要となる資質・能力の育成を目指したものでした。このように,先の社会を見据え,生徒がより良く生きていくための資質・能力を研究していくことは意義深いものであると考えます。そのような視点で日本を見たとき,超少子高齢化による生産年齢人口の減少,食料自給率の低迷,エネルギー資源の不足など,様々な問題を抱えていることに気付かされます。これらの諸問題を解決させることと経済発展を同時に行うには,デジタル技術を高度に活用していく社会,すなわちSociety5.0を実現させる必要があります。
 今年度より進めていく研究では,Society5.0を主体的に生きるための資質・能力を育成することを目的としています。さらに,Society5.0を実現・牽引するために必要な力(イノベーション力)を育成する手段として,いくつかの教科等においてSTEAM教育の実践を試みたいと考えています。教育研究発表会では,Society5.0を主体的に生きるための資質・能力はもとより,STEAM教育や新学習指導要領への取組など,幅広いご意見が交換できる場となることを願っています。多くの方々のご参会を心よりお待ちしています。


ファイルイメージ

研究発表会1次案内


金沢大学学校教育学類附属学校園連携GP成果報告書について

 金沢大学学校教育学類附属学校園連携GPは,附属学校園相互の連携や学校教育学類(教職大学院を含む)との連携を基とした特色ある優れた取り組み(Good Practice)を重点的に支援することにより,教育モデル校としての先導的な教育モデルを構築・展開し,その取組を広く社会に還元するとともに,取組・成果を大学全体の財産として共有し,教育研究活動の改善を促進させ,更なる教育研究の質の向上に寄与することを目的とします。採択された取組は,その成果を広く学内及び社会に還元します。
 以下のリンクに,GP成果報告書がありますのでご覧ください。
http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/gr/fuzoku/index.html



教育研究発表会 授業内容変更(国語)のお知らせ

2年4組 国語 題材名 「根拠を明確にして意見を書こう」

3年4組 国語 題材名 「説得力のある文章を書こう」

 今年度より本校国語科は国立教育政策研究所の研究指定を受け、研究主題「言葉による見方・考え方を働かせ、正確に理解し表現する資質・能力を育成するための指導方法とその評価―新学習指導要領の全面実施に向けて」に取り組んでいます。その中で、「書くこと」領域において表現・交流することを重視した言語活動を通じて、特に「書くこと」領域と「語彙」に関する内容との関連を図り、資質・能力を育成するための指導方法の研究を行っています。研究発表の場で取組に対するご意見をいただくため,本校の研究主題「伝統文化教育を中心とした教科等横断的なカリキュラムの開発-グローバル社会に生きるために必要な資質・能力の育成を目指して-」と関連させることを考えました。
 2年生では「伝統文化の可能性を探る」ことに学習内容を変更しました。これまでさまざまな機会で伝統文化について学習してきました。その可能性について,自分の考えを導き出す授業となります。題材に選んだ伝統文化の特性から,適切な根拠を考えられる学習を目指します。
 3年生では「古典を学ぶ意義を考える」ことに授業内容を変更しました。研究発表会の二次案内に記載した授業を前段階で行い、研究発表会当日はそれを受けて「説得力のある文章を書こう」に取り組みます。説得力のある文章にするためには何が必要か、資料の妥当性を検討する授業となります。
 二次案内とは、内容が変更となりますが、参観していただけると幸いです。

国語科  谷口 仁  早谷 憲子 
校 長  端崎 圭一


第67回教育研究発表会 ご参会の御礼

関係各位

向寒の候,皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,過日,金沢大学附属中学校で開催しました第67回教育研究発表会には,ご多忙中にも関わらずご参会いただきましてありがとうございました。先生方からいただきましたお言葉は,今後の実践における貴重な助言として参考にさせていただきます。
皆様のご健康とご発展をお祈りして,御礼のご挨拶といたします。

令和元年11月 吉日
金沢大学附属中学校
校長 端崎 圭一


令和元年度 第67回 教育研究発表会のお知らせ(一次案内)

 本校は,平成29年度より伝統文化教育に関する教育研究に取り組んで参りました。学校全体で育成する資質・能力を設定し,各教科等での授業実践を中心に相互に協働・連携を図りながら,伝統文化教育を進めています。一人一人の生徒がグローバル社会で生きるために必要な資質・能力を身に付けためには,どのように学校全体の教育活動が関わっていくべきなのかを考え,カリキュラムマネジメントに当たっています。
 平成29年度より二年間は,国立教育政策研究所の研究指定校として,教育研究に臨んできました。今年度はこれまでの研究成果をまとめるべく,資質・能力の育成について,様々な角度からの分析と検討を進める予定です。
 教育研究発表会では,伝統文化教育はもとより,学校全体のカリキュラムマネジメントの在り方について,幅広いご意見が交換できる場となることを願っています。多くの方々のご参会を心よりお待ちしています。


ファイルイメージ


※研究発表会の詳細につきましては,7月末頃にホームページにアップロードいたします二次案内をご覧ください。