ごあいさつ 令和2年4月

                                2020年4月
                                校長 盛一純平

このような年度のはじまりは記憶にありません。日ごとに変わる状況報告に心が潰れそうになってきます。あわただしくそして不安な令和2年度のはじまりとなりました。今,私たちは未知のウイルスと世界が一体となり戦いつづけています。
こんな状況下でこそ私たちは変化に対処し,新しいことを学び,馴染みのない環境でも心の安定を保ちながら,解決に向けて歩んでいかねばなりません。
 子どもたちも長い休業措置,自粛生活が続いていますが,自らを守りながらも社会の一員として自覚を持ち行動してほしいです。答えのない課題に立ち向かい,協働し最適解を導き出す姿,まさしく未来社会に求めている力を目の当たりにしている子どもたちに,この経験が必ずや未来に生きる力となってくれるはずと願っています。
前線で頑張る医療関係者をはじめ立ち向かう勇敢な人々に心より感謝申し上げます。一日も早く明るい日常にもどることを願ってやみません。

さて,未来に「共に生きる力」を育むことを教育目標にして3年目をむかえます。今年度も附属学校園を連携してつながりの中で研究,教育を進めて参ります。
Society5.0時代を生きる子どもたちに必要な力を「多様性を活用する力」と位置づけ,今年度も教育活動全体にMake difference, Make harmony を機能させ取り組んでいきます。教室では対話のある授業をデザインするため,ICTをより効果的に使えるように,またグループでの協働がしやすいようにclassroom for next stageと銘うち環境整備を行いました。また異年齢による授業や外国人との交流をすすめるなど,授業はもとより学校生活の中でも様々な形で多用な考えに身を置く場づくりをし,多様性の活用力を養っていこうと思っています。今年度は特に「コミュニケーション力」に重点を置き,この力が一定の場だけに発揮されるのではなく様々な場でも発揮できる「汎用的な力」に成長していくことを理想と考えています。

令和2年度,今こそ「共に生きる力」が求められています。今を生きる子どもたちの未来に活躍できるステージをつくるためにも,この苦難な状況を全世界の協働で乗り越えていかねばなりません。「明日のために今を」共にがんばっていきましょう。
 今年度も本校の教育活動にご理解いただき,皆様のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



ごあいさつ 平成31年4月


                                2019年 4月
                                校長 盛一 純平

初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す
「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」「厳しい冬の後には梅のような美しい花を日本国民一人一人が咲かせられるように」という願いを込めた 新元号「令和」が5月に幕をあけます。凛とした新たな気持ちで心引き締まる思いでございます。

さて、今を生きる子どもたちは、新しい時代 新しい社会 Society5.0にむけてめまぐるしく変化し予測困難といわれる未来社会を生きる令和時代の子どもたちです。その未来社会を生き抜くには、今 子どもたちにどのような力が要求されるか、またそのためにどのような教育が必要であるか、より具体的方策が必要になってきています。
文部科学省でも「Society5.0に向けた人材育成 ~社会が変わる 学びが変わる~」として求められる人材像や学びのあり方を示し、学びの改革を進めています。

 本校を含む附属学校園では、WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)の拠点校の金沢大学附属高校を中心に「持続可能な世界を実現し、Society5.0を牽引するグローバル人材の育成」というテーマを掲げ、附属中学校 附属小学校 附属幼稚園 が系統的、段階的に教育を進めていくビジョンを掲げています。その中で本校では、ますます多様化する社会にむけて「多様性を活かす力」を養うことに主眼をおいて進めていこうと考えています。自分の考えを持ち発信するのみでなく、様々な考えを受け止め、そこから新たな考えを創り出す力をひとりひとりにつけていきたいと思っています。そのためにさまざまな多様性のある場や多様性を活かす環境を設定し、Make difference, Make harmony が教育活動の中に常に機能するように効果的な教育活動を研究し進めてまいります。

 未来社会で活躍する子をめざして、また新時代「令和」にこめられた願いが実現する学校でありたいと願っております。
平成31年度(令和元年度)も皆様のご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。



ごあいさつ

                                 2018年 4月
                                 校長 盛一 純平

 本校の源流は、1874年10月2日に石川県集成学校附属小学校(当時仙石町に所在:現中央公園入り口付近)に発し、140年余りの歴史をもつ小学校です。名称は石川県師範学校附属小学校(1875年)、金沢大学石川県師範学校附属小学校(1940年)、金沢大学教育学部附属小学校(1951年)を経て、金沢大学人間社会学域学校教育学類附属小学校(2008年改称)へと改称されてきました。現在、1年生から6年生の児童660名が学んでいます。
 「かしわ」葉をかたち取る校章は、昔校庭に「かしわの名木」があり、その姿に見る“雄々しさ”と“質実さ”の校風を象徴しています。1972年度以降の卒業生が記念植樹した「かしわ」の木は、かつての広坂校舎から現在の平和町キャンパスに移植され、嚶鳴会(同窓会)から贈られた「くすのき」と共に、ふれあい広場の芝生を取り囲み心地よい木陰をつくります。「かしわ」の木に込められた想いと校風は、教職員、卒業生、そして保護者に受け継がれ、子どもたちの学びと育ちへの具体の支えと成り、本校の現在を形づくってきました。この歴史を担い創ってきた卒業生一人ひとりの名前が青銅版に刻まれています。卒業生は、本校での学びを基にその後に研鑽を積まれ、多様な分野で活躍されています。

 今年度より大学教員が兼務していました校長を専任化にする組織体制をとることになりました。校長が常勤することにより校長による責任体制を強化するとともに、本校の組織マネジメント力を高め、教育力の向上をめざします。また新たに大学教員による附属学校を統括する組織を設け、大学による附属学校全体の有機的なつながりをもったガバナンス効果も進められます。大学・学類とのさらなる連携がすすみ、大学附属小学校としての特徴をもった役割を果たしていくことになります。皆様のご理解とご協力を賜りたく存じます。
 さて、本校教育の努力目標(めざす児童象)は、「進んで学ぶ子ども」「やりとおす子ども」「みんなのことを考える子ども」としております。これら目標は、1952年から8年間の教育研究「自主的学習のあり方」の知見の蓄積と成果から発展して1964年に改めて設定されました。以来、継続して追究してきているものです。時代の時々により社会からの要請は変わりますが、状況が変わっても“人”として、わが国の現在と未来を担う子どもたちの育ちと教育に通用するものです。
さらに教育目標として「共に生きる力の育成」を揚げています。急速に変化する予測不能な未来社会を生き抜く力と豊かな社会の形成者として人間愛ある基礎的な資質の育成をめざします。そのコンセプト(教育方針)を~Make difference, Make harmony~(多様性の尊重、協調する力)とし、お互いの自由を尊重し、調和できる力を鑑みながら本校の教育活動を進めて参りたいと考えています。
 遙かなる年月を通して築きあげられた伝統ある本校の教育力を基に、子どもたちが未来にむかって生きがいをもって学べる新しい学校作りをしていきたいと思います。