4年 体育科 表現運動 「○○にへ~んしん!」



5月に4年生は、表現運動をしました。イメージの世界に没入してなりきって踊る楽しさを味わえる表現運動。身近な生活の題材をつかって「○○にへ~んしん!」をテーマに4時間の学習に取り組みました。
まず1時間目は、「新聞紙にへ~んしん!」。実際に先生や友達が動かす新聞紙を見ながらヒラヒラ揺れたり、ギューっとひねったり…。指先やつま先まで使って新聞紙になりきり、ダイナミックに動くことで、「新聞紙の痛いという気持ちまで分かったよ。」「どんな動きでも表現できる!」ことを学んでいました。
 次に2時間目は、「ポップコーンにへ~んしん!」。映像を見たあと、まずは全員で動き、そして4人グループでひと流れの動きをつくりました。友達と一緒にポンポン跳んだり、ポーンとぶつかって転がったり、ふわふわとみんなで広がったり…。「友達と一緒に動くともっと楽しい。」「ダイナミックでより本物みたいだった。」と友達と交流して動く楽しさや友達の動きを見る楽しさを感じていました。
 さらに見合うことで見つけた「一緒に」「反対に」「順番に」「つながって」の動きを意識しながら、3時間目は、「洗濯物にへ~んしん!」。8人グループでひと流れの動きをつくりました。しかし、「洗濯物」では、洗濯機に入れる→注水→洗う→脱水→洗濯機から出す→干すといった多様な場面を取り上げたこと、映像から洗濯機の中の様子をイメージすることが難しかったこと、8人グループで動きをつくったことなどから、グループで表したい感じが不明確になり、子どもたちの中に戸惑いが見られました。
 そこで4時間目は、4人グループで2つも題材から表したい題材を選び、「花火・嵐にへ~んしん!」。表したい感じを明確にしてひと流れの動きをつくりました。ふりかえりから、友達に動きや考えを伝えることができた子どもやこれまでの友達の動きを取り入れることができた子どもが増えました。「順番に跳んだり、一緒に回ったりしてダイナミックに動いていた。」「ダイナミックに動くほど、嵐の激しさが伝わった。」と、表したい感じを中心に変化を付けながらひと流れの動きをつくり、見合うこともできていました。
 今回の実践から、イメージが広がるよう題材を選び、ひと流れの動きをより分かりやすく子どもたちに提示することが、友達と交流しながらなりきって楽しむことや、友達の動きを見合って楽しむことにつながると改めて感じました。


3年体育_鉄棒運動「みんなでクルン!お手伝いでクルン!!」



 運動会が終わってから3年生は鉄棒運動に取り組みました。できるとおもしろい、できないとおもしろくない、という運動の特性をもつ鉄棒運動。一人でも多くの子が「鉄棒好き」になるように、今回は「みんなでクルン!お手伝いでクルン!!」をテーマに学習に取り組みました。
 まずは、今まで練習した技が始めてできるようになった子を紹介する「新人賞」タイム。初めて逆上がりができた子が増え、見事成功!みんなから拍手をもらいました。
 次に膝かけ後ろ回りを【膝かけ振り、お手伝いで、一人で】というスモールステップを示し、自分の課題を決めて取り組みました。「できない」という思いや体の感覚をつくるのではなく、「できた」というおもしろさや感覚を身につけるために、3人グループでお手伝い(補助や声かけなど)をしてもらい、みんなが鉄棒のおもしろさを感じながら技に取り組みました。自分がどれくらいできるかを把握し、「今、ここを手伝って!」や「今はお手伝いいらないよ。」と言いながら取り組んでいました。
 子どものふりかえりから「お手伝いでできると、一人でできたときのように、とってもうれしかったです。」との記述も見られ、鉄棒運動のおもしろさを感じている子がたくさんいました。また、鉄棒運動を通して「あきらめずに練習すればできるようになる。」「みんなでお手伝いしながらやると、いつもよりも楽しいし、いつか一人でできるようになる。」など、学びに向かう力も育まれました。休み時間でも鉄棒で遊んでいる子が多いことから、運動のおもしろさを感じることが運動の日常化につながるということを実感できた実践でした。


1年体育科「ぜんぶたおせ!ぼくらスペースレンジャー」


 的当てゲームをしました。この単元では「強く玉を投げることができるようになる」というねらいで行いました。タイトルを「ぜんぶたおせ!ぼくらスペースレンジャー」とし、平均台に乗せたダンボール箱の的を宇宙人に見立て、それに玉をあてて落とすというゲームをしました。ダンボールには水を入れた2Lペットボトルのおもりを入れ、簡単には落ちないようにしました。そうすることで、強く投げるという動きについて考えさせました。
 本時では、どうすればもっと早く宇宙人を倒せるかを友達と教え合うというねらいで行いました。それまでに、強く投げるには①かに・ボルト・足・ひねるの投球フォームで投げる②後ろに腕を引いてから投げる③足を強く踏み出して投げる、という3つのポイントを共有していました。この3つのポイントを使いながら、友達と動きを見合い、アドバイスをしたり練習場所を選んだりするという授業の流れを考えました。
 3人組みのチームで教え合いました。「もっと腕を後ろにしっかり引いてから投げた方がいいよ。やってみるから見ててね。」「もっと足を強く出した方がいいよ。ドンて大きな音を出すように足を出してみてね。」など3つのポイントを使いながら教えあっている姿が見られました。しかし、友達の動きを見てもアドバイスをしてあげられない子どもたちもいました。3つのポイントは理解していても、目の前で投げている友達の動きがその視点で見たときにできているかどうかの判断が1年生の子どもたちにとっては少し難しかったようです。
 本時の授業を終えて、今回「教え合う」ということを行いましたが、「友達のためにどんな協力ができそうか」という課題の与え方もあったのではないかと考えました。そうすることで、投げ方のアドバイスに加え、声の合図で協力してあげる、玉を集めてあげる、玉を渡して協力してあげる等、体育科の「する・みる・ささえる・知る」の見方・考え方をさらに育むことができたのではないかと考えました。